フリーダイビング用語集

大会や競技に使われるアイテムなど、なかなか耳慣れない言葉や単語が多いフリーダイビングの世界。
「なんだろう?」「どういう意味?」と疑問に思ったら、まずはここで調べてみましょう!

アプネア国際振興団体(Apnea Internationale pourle Developpement del’ Apnea)
『フリーダイビング環境の確立と水中競技としてのフリーダイビングの啓発、振興に寄与する』を理念に、世界大会開催や記録の公認、教育と普及など行っている。 http://www.aidainternational.org/

物体や気体に圧力を加えて容積を縮小させること

水圧により圧縮された空間に空気を送り込むことで陸上と同じようにする動作。
主に鼓膜内側の空間や、マスクの空間に対して行う

ある単位面積に作用する力、もしくは重さの事。水中で体にかかるのは水圧。

フリーダイビングを意味する語源でありラテン語で「閉息」「無呼吸」の意味。
APNEAを用いたスポーツは他にも「魚付き」や「水中ホッケー」など様々なジャンルがある

息を吐きだした後に肺に残っている空気の量を指す。

競技会や記録会において、失格ではないが何らからのルール違反で競技者にペナルティが課せられる場合の判定結果

大会中に運営円滑化を目的として開催される情報伝達、発信の場。
大会主催者や審判団、スタッフ及び各選手が集い、事後競技について問題点見直しや、翌日の競技についての意見集約、または競技順が発表されることもある

水につかっている状態では、毛細血管や腕、足の皮膚内の細い血管は収縮する。
体温を損失しないよう温めるために体が反応し、身体の中心部に血液を集中させ、過多な水分の保持だと解釈し腎臓が刺激され、ダイビング中に尿意を催すことの現象名。

 

  •  

サヴォーラという乗り物(重り)に乗って潜降し、一呼吸で垂直に潜れる深度を競う。
目標深度に到達したら、サヴォーラを離し潜降ロープを手繰りながら自力で浮上する。
潜水中に使用するウエイトの量を変えても良い。

フリーダイビングで使用されるウェットスーツは、スキューバダイビングなどで使用するスーツとは違い「柔軟性」 そして、水の抵抗を受けずに身体と一体になるかのような「フィット感」が重要視される。
柔軟性、耐久性、保温力、伸縮、浮力・・フリーダイビング競技のために試行錯誤の限って作られた専用スーツは、ただ薄く、ただ軽いだけではなく、水圧や水抵抗によりスーツを着ていることで受けるストレスが非常に少なくなる。

競技者が、ウォーミングアップをする場所。
オフィシャルトップの45分前から入ることが許可される。

965年生まれのイタリア人フリーダイバー。
数々の世界記録を打ちたて、1999年にはノーリミット種目で前人未到の水深150mという大記録を作る。
競技を引退した現在はフリーダイビングの専門学校『アプネア・アカデミー』を立ち上げ、フリーダイビングを後世に伝えている。

水から上がること。
海岸へ上がることはサーフエキジット、ボートなどでの足がつかない水深からのエキジットはディープウォーターエキジットと呼ぶ。

プール種目が全4種類、海洋種目が全4種類の合計8種目があります。
プール種目:スタティックアプネア・ダイナミックアプネア(ウィズフィン・ウィズアウトフィン・ウィズバイフィン)
海洋種目:フリーイマージョン・コンスタントウェイト(ウィズフィン・ウィズアウトフィン・ウィズバイフィン)
競技種目についてはこちらから詳しくご覧いただけます。

浮上後のサーフェスプロトコル中に決められた一連動作以外の言動をすること。
ジャッジ(審判)の判定からエキストラシグナルと認められた場合は、失格となる。

イタリア人フリーダイバーでジャック・マイヨールの良きライバルだったフリーダイビングの開拓者。
1988年にノーリミット種目で101メートルという記録を打ち出す

水に入ること。
ジャイアントストライド、バックロール、シッティングロールなど、状況に合わせて方法を変える。
岸から入るのはサーフエントリーと呼ぶ。

腹式呼吸とも呼ぶ。
息を吸い込む際に、腹部を外側に拡張することで肺の底の方から呼吸した空気がいっぱいになり、腹部が拡張する。
次に胸式呼吸により肺の上の方に空気をためることで、非常に沢山の空気を吸い込むことが出来る。
息を吐きだすときは、リラックスして、肺の上部から下部までを意識しゆっくりと吐き出すことで、およそ75%のガス交換をすることができる。

 

競技者が競技を開始する決められたスタート時間のこと。
潜水(気道が水に付く)を開始しなければならない時間は、オフィシャルトップから10秒以内(プール種目)と30秒以内(海洋種目)である。
また、オフィシャルトップ前に潜水を開始することはペナルティとなる。。

競技会や記録会において、その種目の競技エリアを公式に確認することを目的として一番最初にパフォーマンスを行なう人。
世界大会などでは、その種目への出場権を持たない選手が担う場合もある。
オープナーとしての記録は、世界記録や国内記録としては認められない。

競技者が浮上後、ジャッジ(審判)に掲げる合図。 親指と人差し指の先を結び円を作り、ジャッジが見やすいように提示する。

水面に上がった時に行う呼吸の事。
水面に到着すると同時に、半分程度の息をそっと吐き、その後素早く深く息を吸い込む動作を3回から6回繰り返す。

フロートやボート上に設置され、それぞれの端に滑車が付いたブームと、ドロップラインのウエイトよりもはるかに重いカウンター・ウエイトで構成されている。
緊急時にはカウンター・ウェイトを落とし、ドロップラインでトラブルに合っているダイバーを救出するために使用する。

オフィシャルトップ2分前から開始され、オフィシャルトップ後も競技者が潜水するまで読み上げられる公式のカウント。

呼吸のこと。肺の中の空気と新鮮な空気を交換する。

酸素や窒素などのガスが圧力下で人体に中毒症状を起こさせ、判断力を低下させること。
水深が深いところに潜水すると起こる可能性がある。 

浮上中に肺が破裂し空気が血液中に入り呼吸困難を起こす。

プラスチック等に比べ非常にしなりやすく、また反発力も高い為高性能であり、軽量な素材。
壊れやすい素材のため取扱いに注意が必要だが、これを使用したフィンは非常に楽に泳ぐことができ、また推進力も高い。

世界選手権の際に指名される各国の代表監督としてチームの統率を図る人。

ダイビング向けの丈夫な素材で作られたバック。

肺容量に関してディープ・ダイブの影響を浅瀬でシミュレートするための高度なテクニックトレ

ウォームアップゾーン、待機ゾーン(トランジションゾーン)、競技ゾーンの3つから構成されている。
競技者に付き添ってサポートするコーチまたはキャプテンは、1人のみ入ることが出来る場合もある。

本番の競技を行なう場所。前の競技者が退場次第入ることができる。

競技者が世界大会に出場するために突破されていることが必須となる基準の記録。

水中で膨らませ、水面へダイバーを引き上げることができるようにデザインされた、細く長い形状の浮きの事。
水中でで膨らませることができるようにガスの入った非常に小さなボンベがついている。

100%の純酸素が入ったシリンダー。

簡単な動作だけで着脱出来るようになってること。
ウエイトベルトやラニヤードなどには、万が一の緊急事態において必ず備わっていること。

 

海洋種目において、潜水開始後(気道が水についた後)に潜降ロープを握ること。
1回につき-5ポイントのペナルティが付くが、ボトムプレートから1,5m以内範囲、または、申告深度に届かず途中で浮上を開始する場合は1回だけ許される。

海洋種目で競技を行なう際、競技者の手首に付ける決められた深度計。
ジャッジ(審判)によってテスト調整されたものに統一すること。

リュック・ベッソン監督作品。
フリーダイバーのジャック・マイヨール、エンゾ・マイヨルカをモデルとし、世界記録に挑む2人のロマンを描いた映画。

AIDA公認競技会において正式なジャッジングで認定された記録。

大会の運営に関わるすべての時間の基準となる時計。競技時間も秒単位で管理される。
どの種目の競技会でも必ずひとつ設置されていることが必須である。

AIDA公認の記録会や大会において、各競技者のパフォーマンスを映像記録するもの。
競技終了後にプロテストがあった場合は、そのパフォーマンスを見直すための貴重な資料となる。
海洋種目においてはターン時の映像を記録するため、ボトムプレートにカメラを設置している。

 

競技者が競技のみに集中できるように側に付き添ってサポートする人。
時間の管理や浮上後のサポート、または一緒に競技ゾーンに入りパフォーマンス全体をサポートする。

水底へ繋がる潜降ロープに沿って、一息で垂直に潜れる深度をフィンを履いた状態で競う。
使用するフィンに関しての規定は一切ないが、潜水中に使用するウエイト(重り)の量を変えてはならない。

形式はコンスタント・ウエイトと同じであるが、推進力のあるフィンを履かずに自身の泳力だけで深度を競う。
潜降・浮上ともに、推進力のある器材を一切使わないため、原動力となる身体にかかる負担は大きい。

人間の頭蓋内に空いている4つの空洞で、日本語では副鼻腔と言う。ここにある空気も圧平衡の対象

  • ヴァリアブル・ウェイト、ノー・リミットの種目を行う際、潜降時に用いられる重り。
    ヴァリアブル・ウェイト種目の場合、サヴォーラの重さに関する規定は「ダイバーの体重の3分の1以内」と規定されいるが、ノー・リミット種目では重さに関する規定は一切ない。

     

  •  

海洋種目において、水面で待機しているフリーダイバー。
競技者が浮上後、万が一トラブルがあった場合にすぐ対応できるように備えている。

  • 全ての種目において、浮上後に行なわなければいけない一連の動作。
    浮上後15秒以内に、①~④までの手順を的確に行なえなければ、記録はペナルティ(減点)や失格となる場合もある。また、これ以外の余計な言動はエキストラシグナルとなり、一切認められない。
    ①浮上後、口と鼻を水面上に保持する。
    ②顔面の装備(マスク、ゴーグル、ノーズクリップなど)を外す。
    ③ジャッジ(審判)に向かって片手でOKサインを示す。
    ④はっきりとした口調で「アイム・オーケー」または「アイ・アム・オーケー」と言う。

     

  •  

海洋種目において、水面で待機しているフリーダイバー。
競技者が浮上後、万が一トラブルがあった場合にすぐ対応できるように備えている。

 

  •  

休息時間を変えずに無呼吸時間を6から8回にわたって15秒ずつ伸ばしていき、体内の酸素を使い尽くすためのトレーニング。
低酸素状態に体を慣らすためのトレーニング
PADIアドバンスフリーダイバー以上の資格で取得する。
正しい知識がない人が行うと危険なため行わないこと。

非公式であるが練習中に到達できたことを自他が認める最高の記録。

フランス人フリーダイバー。映画『グラン・ブルー』では主人公のモデルともなっている。
ライバルのエンゾ・マイオルカと共に世界記録争いを繰り広げ、前人未到の水深60mへ到達。
その後1976年、エルバ島で人類史上初めて素潜りで100メートルを超える大記録を作り、フリーダイビング界の神と言われる男。

浮上中の水圧の減少に伴い、浅い水深に差し掛かるとブラックアウトすること。
水深10m以浅からは水圧の変化が大きいため、体内での酸素分圧低下が激しく、ブラックアウトを引き起こしやすくなる

日本のフリーダイバーたちをネットワークし、フリーダイバー間のコミュニケーションを図り、より安全に自由にアプネアが楽しめる環境を作り出す事を目的とした日本初のアプネア振興団体。
http://www.aida-japan.com/

競技会や記録会において、競技者のパフォーマンスを判定する人。
ホワイト、イエロー、レッドの三色のカードを用い、競技者がサーフェスプロトコルを終了してから30秒後にどれか一枚を示して判定結果を掲げる。

競技前の決められた日時までに自分の目標(深度、時間、距離)を決めて提出すること。
海洋種目の場合は申告深度にボトムプレート及びタグが設置され、申告深度への到達可否が結果となる。
プール競技の場合は申告(時間、距離)をいくら上回っても良いが、申告未達の場合はペナルティが課せられる為、目標よりも控えめに設定することが望ましい。 また、同じ結果を出した選手が2人以上いた場合は、申告と結果との差が少ない選手が優位となる。

頭部(顔面)が水に浸かると脳に信号が送られて無意識に心拍数が減少する身体のメカニズム。

フィン、マスク、スノーケルを用い、潜水装置などを使わずに自分の呼吸だけで水中へ潜って遊泳する。
潜り易いようにウエイトを使用することもある。

自給式水中呼吸器(シリンダー、タンクまたはボンベ)を背負い、長時間水中レクリエーションができるマリンスポーツ。
レジャーとしてのスクーバダイビングでは安全管理上で潜水時間や潜水深度には正しく規定があり、一般的には各民間団体が発行するライセンスの取得が必要とされる。

プールで行われる種目であり、脱力した状態で水面にうつ伏せに浮かび、閉息時間の長さを競う。
競技中は酸素を消費することを極力抑えるため、身体の動きは一切ない。
身体的な能力に加え、心理的なコントロールも大きく影響する種目。

フィン、マスク、スノーケルを用いて水面を呼吸しながら泳ぐこと。
ライフジャケットやウエットスーツを着用し、浮力を確保した状態で水中を覗きながら遊泳する。

シュノーケルとも呼ぶ。水面に顔をつけたままでも呼吸を行えるようにするための筒のような道具。この道具を用いて水中で活動することをスノーケリング、もしくはシュノーケリングと呼ぶ。

 

フリーダイビングに適したマスクの中のひとつ。重量がとても軽く、潜水時に水の抵抗を受けにくい形になっている。

水中に静止した状態で行うアプネア

スタティック競技中に、競技者の意識を確かめる為の合図。
コーチ(サポート)が送った合図に対して、競技者は酸素を消耗しないように出来るだけ小さな動きで応答する。
合図を送るタイミングや仕草は自由であるが、オフィシャルセキュリティがこれを担う場合は予め決められた公式のタイミングで行なわれる。

万が一のトラブルに備え、水中に待機して競技者をサポートするスクーバダイバー。
減圧などの理由から競技者と一緒の速度で浮上することは出来ないので、決められた水深で競技者の安全を確認する。

競技者に伴泳し、万が一のアクシデントがあった場合に迅速に対応するフリーダイバー。
海洋種目では主に水深20m以浅くらいまで浮上してきた競技者に付き添って浮上する。
競技中のセイフティダイバーと競技者の接触は失格となる。

海洋種目の際、潮流などで潜降ロープと競技者の体が離れてしまうのを防ぐためのもの。
ケーブル、カラビナ、リストバンドなどで構成されますが、総重量が500グラムを超えてはならない点や、万が一のトラブルに備えて簡単に身体から取り外せる構造(クイックリリースシステム)になっていなければならない点など、細かい規定もある。
大会ではラニヤードの使用が義務付けられており、競技前は審判員(ジャッジ)による審査に合格したラニヤードのみが使用可能。

海洋種目において、ダイバーの申告した深度まで伸びて潜る際の視標となるロープ。
潜降時は競技者の身体とロープをセイフティ・ラニヤードで結び、ダイバーが潮流などでロープから離れてしまわないようにする。

頭部(顔面)が水に浸かると脳に信号が送られて無意識に心拍数が減少する身体のメカニズム。

A Few Words About

Our Team

Nam nec tellus a odio tincidunt auctor a ornare odio. Sed non mauris vitae erat consequat auctor eu in elit. Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra.

Adam

Founder - CEO

Ryo

Fopunder - CEO

Luise Litt

Dive Instructor

Katrina Bennett

Intern Deep

Worldwide Shipping

It elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Best Quality

It elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Best Offers

It elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Secure Payments

It elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.